キーワード
Bトレインblog 製作記録

Bトレインblog

“Bトレインショーティー”に関するいろいろを書いていきます。

車輌収納ケース Ver1.00

Bトレイン車輌を多く組み立ててはいますが、組み立て後の車輌を収納するアイテムを(全く)所有していなかったため、自分で作成してみました。

※ ご注意 ※
この車輌収納ケースは、管理人が考案(?)した一つの「作成方法」に過ぎません。
作成・加工に関しては"自己責任"のもとでお願いします。
[もし失敗しても(当方では)責任を負いかねます。予めご了承下さい。]


==========

● 材料

ダイソー "すっきり書類収納ファイル"(A4・ハンドル付)
[A-001 文具 No.22 (JANコード:4984343875593)]

車輌収納ケース Ver1.00 (その1)

(上記)書類収納ファイルの寸法は(H)315mm×(W)263mm×(D)35mm[いずれも多少の誤差あり]です。
他の書類収納ファイル(ファイルの内寸はウレタンが収まる大きさ以上)でも構いませんが、新幹線車輌を収納する場合は車体幅が約25mmあるため、使用するファイルの「厚さ」には注意が必要です。



キャスコ(四八)製 車輌収納ウレタン

車輌収納ケース Ver1.00 (その2)

作例では(品番:YP-008)"10両用ウレタンセット[2枚入]"を使用していますが、(製品の)ウレタンの寸法が(H)293mm×(W)198mm×(D)20mm[いずれも±5%の誤差あり]なので、必要に応じて他の(キャスコ製)ウレタンをお使い頂くのも一つの方法です。

==========

● ウレタン収納方法

車輌収納ケース Ver1.00 (その3)

上記画像を参照下さい。[車輌の収納方法はほんの一例です。]

(Bトレイン)車輌は1列に2輌分が収納可能ですが、(車輌が)ウレタン内部で動いてしまうのを防止するため、車輌の連結部を(車輌製品付属の)マグネット式カプラーに交換する事により、(あえて)連結面間隔を広げています。

車輌収納ケース Ver1.00 (その4)

また、ファイル内部でウレタンが動くのを最小限に抑えるため、(ファイル)取っ手部分の"すき間"を利用して余剰のウレタンを詰めています。
[↑作例では使用したウレタンのスペーサー(?)を利用しています。]

==========

以上、"車輌収納ケース"を簡単に作成してみたため、「Ver1.00」としています。
ただし、ファイル内部に空間が(結構)あるため、(ファイルに"取っ手"があるにもかかわらず)「縦置厳禁」・「天地無用」等の条件付で"完成"となります。

PageTop