キーワード
Bトレインblog 京成電鉄 リバイバルカラー 事業者限定発売

Bトレインblog

“Bトレインショーティー”に関するいろいろを書いていきます。

京成電鉄 リバイバルカラー 事業者限定発売

[アイコン] 京成3300形 (復刻:青電色) [アイコン] 京成3300形 (復刻:赤電色) [アイコン] 京成3300形 (ファイヤーオレンジ色) [アイコン] 京成3300形 (ファイヤーオレンジ色:更新前-行先表示器なし 自作品) [アイコン] 京成3300形 (赤電色:更新前-行先表示器あり)

京成電鉄の公式HP(PDFファイル)より…

京成3300形のリバイバル塗装車(2輌セット:3種)が発売されます。


価格は各1,260円、各6,000個限定発売です。
(これとは別に各4,000個が"先行販売分"となります。)

先行販売:10/3の横浜"鉄道の日"イベント会場、10/10・10/11日比谷公園"鉄道の日"イベント会場

事業者限定発売:10/20より
上野・日暮里・青砥・高砂・押上・船橋・津田沼・八千代台・勝田台・佐倉・千葉の各駅売店"ミニショップ"



ファイアーオレンジ色:
 現行(更新後)前面と更新前(行先表示器なし)前面の2種で、台車はKS121
赤電色:
 現行(更新後)前面と更新前(行先表示器付き)前面の2種で、台車はFS329
青電色:
 現行(更新後)前面のみで、台車はKS131

==========

[コメント]

今回の発売は新たに"型"を起こしてくるのでしょうか…?
(個人的にはこだわりたい部分…:笑)

…というのも、3200形と3300形は車体にわずかな相違点があります。

側面行先表示器の位置
[3200形は3枚窓の中央窓上部、3300形はユニット中央寄りの3枚窓の内、中央ドア寄りの窓上]
前面貫通ドアの窓ガラス支持方式
[3200形は黒Hゴム、3300形は金属押さえ金]

3200形の"カラーバリエーション"だった場合、3200形(更新後)で実在したのはファイアーオレンジ(1色)のみとなります。

----------

[ここからは京成"3300形"に関して…]

更新前(行先表示器なし)前面の"冷房車"は3300形の1次車(3301~3316)にわずかな期間(昭和61年~昭和62年)存在し、この時の塗装は"ファイアーオレンジ色"でした。
また、更新前(行先表示器付き)前面の"冷房車"は3300形の2次車(3317~3350、3353~3356)に存在し、この時の塗装も"ファイアーオレンジ色"でした(昭和59年~昭和61年)。
なお、更新前(行先表示器付き)前面の"赤電色"は"非冷房車"で存在し、"ファイアーオレンジ色"の時に冷房改造されたため、"ファイアーオレンジ色"の"非冷房車"も存在しました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する