キーワード
Bトレインblog "Bトレ・アワード 2009" 3賞発表
FC2ブログ

Bトレインblog

“Bトレインショーティー”に関するいろいろを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

"Bトレ・アワード 2009" 3賞発表

[H22.01/01:新規作成]
[H22.01/13:更新 (3賞の商品名のみ発表)]
[H22.01/16:更新 (受賞理由記載)]

3賞の発表が遅くなった事を深くお詫びいたします。




*** この記事に関するコメント・トラックバックは受け付けない設定としています。 ***

"Bトレ・アワード 2009"についてはここを参照下さい。

編集の都合上、"発表"を別記事とさせて頂きます。

(H22.01/08:記)
当ブログでの3賞については、「ベスト**」という形式ではなく、(原則)"1賞につき1製品"という形を採らせて頂きます。
[その賞が"甲乙つけがたい"位に複数車種ある場合は、この限りではありません。]
また、"車輌(製品)"以外にも賞を選定する場合があります。


B-train of The Year
今年発売された中で、一番よかったという車輌を選ぶベスト部門。

683系"サンダーバード"

[受賞理由]

久しぶりのJR特急型車輌であり、フル編成にするためには3セット購入で成立する"低コスト"(?)も魅力でした。
窓部分の穴開けが必要な車輌がありますが、組み立て自体は(ほとんど)ストレス無く出来たと思います。
ただ、ここの記事に書いてありますが、Aセット・Bセットの両方に"モハ683-1000"を入れたのは"減点"でしょうか。
このおかげで"モハ683-1300"が編成に組み込めず、他の車輌で"代用"する事になってしまいましたが…
[金型製作コスト等の問題もあるでしょうが、Bセットに"モハ683-1000"でなく"モハ683-1300"が入っていれば…]
※ モハ683-1300の"代用"車についてはここの記事を参照下さい。



ワビー賞
今年発売された中で、一番よくなかったという車輌を選ぶワースト部門。

京成3300形タイプ (リバイバル塗装:3種)

[受賞理由]

わが地元を走る(自宅近くを走っています)"京成線"だからこそ言わせて頂きます。
製品自体、塗装も含めて文句の付けどころはないと思いましたが、あの製品は3300形ではなく、3200形の"色替え"品にしか過ぎません。
Bトレインの製品は選択パーツ等を利用したバリエーションの広さ、実車に近いディテールが"売り"(?)だっただけに、非常に残念でした。
前面の貫通ドア窓のHゴムの有無は(3200形と)共用しても目をつぶりますが、側面の行先表示器の位置は(3200形と)変えて欲しかったです[ここの記事を参照下さい]。
金型製作コスト等の問題もあるでしょうが、(それならば)3200形の時に側面の行先表示器の表現を省略して発売した方が良かったのでは…と思います[側面の行先表示器の部分はシール貼り付けにして…]。
側窓サッシ形状の違いはありますが、(側面の行先表示器の表現を省略すれば)3200形・3300形の"未更新車"などのバリエーション展開も簡単に出来たかと…
今後の(京成電鉄の)製品販売に期待しています。



特別賞
個人の自由な裁量で設定できる特別賞。

小田急電鉄株式会社、小田急グッズショップ"TRAINS"
(↑この賞のみは商品ではなく、"企業"への賞とさせて頂きます。)

[受賞理由]

今回の特別賞は"製品"ではなく"企業"へ賞を贈りたいと思います。
製品販売・開発に対する姿勢や考え等をブログにて公表している点に関心を持ちました。
また、(Bトレインを含めて)ほとんどの小田急グッズは"事業者限定"であり"数量限定"ではない、好評であれば"再生産"する…という内容に、ユーザーを大切にする気持ちが伺えました。
今後の製品展開・商品開発に期待しています。

==========

以上、3賞の発表とさせて頂きます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。