キーワード
Bトレインblog 山手線用E231系の増備車

Bトレインblog

“Bトレインショーティー”に関するいろいろを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山手線用E231系の増備車

[アイコン] JR東日本E231系500番台(山手線)

(実車の)山手線用サハE231の600番台・4600番台が登場し、(先日)一部車輌が東京車両センターへ配給回送されました。

(山手線内)ホームドア設置に伴ない、現在の山手線用E231系の内、6ドア車(サハE230の500番台)2輌を4ドア車に置き換える…というものです。

サハE231の600番台(7号車に組み込み予定)は、現行のサハE231と(外観上は)ほぼ同じです(貫通ドアの設置があるとは思いますが…)。
車内はE233系に準じたものだそうです。

一方のサハE231の4600番台(10号車に組み込み予定)、ホームドア設置(一部)区間に京浜東北線の車輌(E233系1000番台:10輌編成)が走る事があるため、ドアの位置がE233系先頭車(10号車)に準じた配置となっています。
よって、11号車寄りの車端部の窓数が"2枚"(通常の車端部用の窓と小さい窓)になっています。(前記以外は)車体はE231系に準じた仕様ですが、ドアと台車はE233系用のものを使用しています。
この車輌のみは、(将来に)他系列・形式への転用を見越した仕様だと思われます。

将来的には、10号車[サハE231の4600番台]を外した(オール4ドア車の)10輌編成で、他線区への転用が予定されているそうです。


==========

さて、この2形式(サハE231-600、同-4600)をBトレインで表現するには…

A) サハE231-600

側板はE231系中間車をそのまま利用出来そうです。
屋根板はサハE230用やE531系(中間車・パンタなし)用のものを代用、もしくはE233系(中間車・パンタなし)用のものを加工して使用する形になるでしょう…
台車レリーフはE231系(先頭車)用がそのまま使えそうです。

B) サハE231-4600

側板は(当然)"切り継ぎ加工"が必要になります。
ベースはE233系先頭車で、車端部の"2枚窓"部分を(何らかの形で)切り継ぐ…という感じになるでしょう。
"2枚窓"のうち、大きい方の窓はE233系の車端部の窓をそのまま使えそうですが、小さい窓の方の"調達"が大変だと思われます。
(サハE230の窓が使えそうな気がしますが…)
台車レリーフはE233系(先頭車)用がそのまま使えそうです。
[それならば、(そのまま)"製品"が登場してしまえば楽なのですが… (笑)]

==========

E231系山手線・総武線(リニューアル品)の"登場"を願う毎日です… (笑)

P.S.
E231系(山手線)の妻面がBトレイン製品と異なっている(?)ので、実車を(先日)調べてみました。ただ今、調査結果(?)をまとめています。
[Bトレインでは貫通ドアも省略していますし… (悲)]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。