キーワード
Bトレインblog 寝台特急「あけぼの」の編成について考える…

Bトレインblog

“Bトレインショーティー”に関するいろいろを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

寝台特急「あけぼの」の編成について考える…

[アイコン] 24系25形客車(オハネフ25:0番台・金帯) [アイコン] 24系25形客車(オハネフ25:100番台・金帯) [アイコン] 24系25形客車(カニ24:100番台・金帯) [アイコン] 24系25形客車(カニ24 112・金帯)

タイトル名は真面目そうですが、内容は(あまり)真面目ではありませんので了承下さい(汗)。

2014年03月(ダイヤ)改正で定期列車から離脱した寝台特急「あけぼの」、Bトレインでも「あけぼの」(6輌セット:2013年03月発売)や24系25形100番台金帯仕様(2輌セット:2012年08月発売)が発売され、簡単にフル編成化が可能となっています。


----------

実車の「あけぼの」編成(客車のみ)は…

01号車 ↑LG
02号車 B-
03号車 B-
04号車 ↑B-
05号車 B1
06号車 B1
07号車 A1
08号車 ↑AG
09号車 B- [増結用]
10号車 ↑B- [増結用]
------ ↓電源車

01号車が上野寄り、電源車が青森寄り、矢印の向きは車掌室の向き(緩急車・電源車)
LG:「レディースゴロンとシート」、AG:「ゴロンとシート」、A1:A寝台1人個室「シングルDX」(スロネ24 550番台)、B1:B寝台1人個室「ソロ」(オハネ24 550番台)、B-:B寝台(開放式)

----------

さて、ここで(Bトレインの)「編成例」をこのまま書いても面白くない(汗)ので、今回は(Bトレインで)「あけぼの」編成を全車「金帯」仕様で仕立てる事が出来るかどうか、考えてみたいと思います(笑)。
[なお、「日本海」はA寝台がオロネ24(白帯車)となるため、全車「金帯」仕様編成は不可能です。]

青森車両センターの24系客車に関しては(当方管理の)ブログにて記してありますので参照下さい。
[該当記事]



まず、A寝台1人個室「シングルDX」(スロネ24 550番台)、B寝台1人個室「ソロ」(オハネ24 550番台)は(全車)金帯仕様なので割愛します。


Bトレイン製品の「シングルDX」(スロネ24 550番台)はオハネ24改造車をモデルとしている様で、実車では車掌室窓の関係からかドア横の小窓が埋められています。
(Bトレイン製品だと)窓配置はこのままで大丈夫そうですが、行先表示器の位置が異なっています。
(参考HP) スロネ24 553 http://bit.ly/1bZK1Wu



次に電源車、カニ24で金帯仕様になっている車輌は以下の通り…

102[金帯・雨樋露出]
109[金帯・雨樋露出]
112[金帯・側面ルーバー埋め込み・正面非貫通化・旧 「出雲」用電源車]
511[金帯・旧 「あさかぜ」・「北斗星」用電源車]

Bトレインでは…
112番は「北斗星」(C)セットのカニ24製品が機関更新仕様である事、正面非貫通化パーツが封入されているため再現可能、他の3輌に関しては「あけぼの」セットのカニ24で対応可能(正面パーツは縦樋あり・なしの2種が付属)。



続いて、B寝台(開放式)・「レディースゴロンとシート」・「ゴロンとシート」車について…

該当車輌で金帯仕様になっている車輌は以下の通り…

オハネフ24 0番台(全車が縦樋設置無し):
10[「北斗星」仕様]、12[「北斗星」仕様]、22[金帯・「北斗星」仕様]

オハネフ25 100番台:
117、121[雨樋露出]、125、129

オハネフ25 200番台:
201[雨樋露出]、202、205

オハネ24 0番台:
3[「北斗星」仕様]、44[「北斗星」仕様]

オハネ25 0番台:
32[「北斗星」仕様]

オハネ25 100番台:
147、148、151、152、210、211、213、215、216、218、220

※ 「ゴロンとシート」車の用途は(時々)変更される事がある模様。
[充当実績に関してはブログを参照下さい。 該当記事]

Bトレインでは…
オハネフ25の121番と201番は「縦樋あり」の正面パーツが存在しないため再現不可能。
オハネ25 0番台(32番)は「日本海」セットの製品がそのまま利用可能。
オハネフ24 0番台は(側面窓配置や窓の大きさが同じため)「あけぼの」・「日本海」セットの(同形式)白帯仕様製品をベースに、側面を「北斗星」(C)セットのオハネフ25のものに交換して対応[ただし、要再塗装]。
オハネ24は、北斗星(B)セットに入っているオロネ25「ツインDX」に封入されている付属パーツを利用して組み立て、通路側側面の客ドア隣にある窓を(1枚)埋める[ただし、要再塗装]。
※ 窓は埋めなくても良さそうですが、実車と比べた場合、(窓を)埋めた方が見た目のバランス的に良さそうな感じがします。
(参考HP) オハネ24 3 http://bit.ly/1fJ1FPb 、オハネ24 44 http://bit.ly/1fJ1Jyk
[実車を見ると、原形仕様と比べると両側面とも客ドア隣にある小窓が埋められています。]

B寝台(開放)オハネは2輌(増結時はさらに1輌追加)、B寝台(開放)オハネフは1輌(増結時はさらに1輌追加)、「レディースゴロンとシート」・「ゴロンとシート」(共にオハネフ)は各1輌必要となります。



上記の結果、(Bトレインでは)多少の加工等が必要ですが、(全車)金帯仕様の「あけぼの」編成を(物理的には)仕立てる事が可能となります。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。